映画

【若干ネタバレ】とにかく最高!映画「LOGAN/ローガン」のあらすじと感想と

LINEで送る
Pocket

「LOGAN/ローガン」を見てきましたので感想を書きます。

元々アメコミが好きなのでマーベル作品も大好きです!

一言で感想:ヒュー・ジャックマンがかっこよすぎる!泣ける!

「LOGAN/ローガン」のあらすじ

2029年、この25年間で新たなミュータントは生まれておらず、彼らの存在は絶滅の危機に瀕している。かつて「ウルヴァリン」の名で知られていたローガンことジェームズ・ハウレットはテキサス州で運転手として働き、メキシコ国境の向かい側に位置する放棄された製錬工場でチャールズ・エグゼビアの介護をしながらキャリバンと共に暮らしていた。チャールズはミュータントと交信したと言い張るが、ローガンとキャリバンはこれを信用しない。

ある日、ローガンの素姓を知る男(ドナルド・ピアース)が現れ、人探しの協力を求められる。また、ローガンは元看護師と名乗るガブリエラ・ロペスから、ローラという名の11歳の少女をノースダコタ州にある「エデン」まで送り届けて欲しいという依頼を受ける。ローガンが改めて迎えに訪れると、ガブリエラは何者かに殺害されていた。ピアースらに追跡され住処を襲撃されたローガンは、車中に忍び込んでいたローラとチャールズを連れて逃避行を始める・・・。

引用:wikipedia

 

「LOGAN/ローガン」の感想(一部ネタバレあり)

とにかく最高だった。

よかった。ローガン好きには堪える…泣ける…。

思い返すだけで泣けてきます。とにかくもうちょこちょこちょこちょこ泣いてました。



そしてローラが可愛い、そしてめちゃくちゃかっこいい。

 



私はX-MENが大好きで、シリーズは全作観ていますが、中でもウルヴァリンことローガンは特に大好きなキャラクターです。


そのウルヴァリンを主人公としたスピンオフ3作目、最後の物語が本作となります。

観ないわけにはいかないじゃないですか!

公開されると知ってから、この日をまだかまだかと待ち焦がれていました…!



 

ちなみにX-MENを知らないよりも、知っている方が断然感情移入できるし面白いと思います。

もし知らなくてローガンを観に行こうと思われている方がいらっしゃったら、ウルヴァリンについてだけでも予備知識を入れて行った方が楽しめるんじゃないかな。

 

劇中、さほど多くはないとはいえ、個人的にローガンの過去や体のこと、仲間たちについて知っている方が理解できるなーっていう流れがあります。



何せローガンとチャールズの老い、衰えにはものすごく寂しい気持ちにさせられました。

ローガンは治癒能力がかなり弱まっていて傷だらけ、チャールズは精神的に混乱して力が暴走するのを防ぐために薬漬け。

これでもうすでに泣き入ります。

以前ならこんな奴らあっという間にやっつけられたのに、こんな傷すぐに治っちゃうはずなのに、それがままならない。

観てて歯痒いったらもう…。

 

そしてローラ。本当にすごい。

正直圧倒されました。小さなローガンそのままです。

何よりも、彼女のあげる叫びが心に突き刺さります。

怒りなのか、恐怖なのか、理不尽なものへの抵抗なのか、彼女はよく叫びます。

その声が、とても耳に残ります。

 

 

 

 

 

【注意:ここから若干ネタバレ含みます】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう最後の方はぐずぐずのズビズビです。

子供たちが力を合わせて敵を倒すシーンには自分の拳にもグッと力が入り、

ローガンが死に物狂いで戦う様には祈るように手を組み、

涙がとめどなく溢れてきました。



死を賭して戦うその姿は、我が子を守る父の姿そのものでした。

 

ずっと、ずっと戦い続けてきたローガンの男の生き様。

ローガンは最期に、幸せを、安らぎを、感じることができたのだと思います。

ありがとうローガン、今まで本当にお疲れ様でした…!!!( ̄^ ̄)ゞ

 

みなさまの感想(Twitter)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です