変動費の節約

レッツ食費節約!スーパーの買い物で食費を節約するための6つのコツとは

LINEで送る
Pocket

食費の予算を考えるうえで、一番大きな部分はスーパーでの支出ですよね。

どのようにスーパーで買い物をするかで食費が節約できるかが変わってくるということです。

今回は、スーパーの買い物で気を付けておきたい6つのコツをご紹介します。

スーパーの買い物で節約するための6つのコツ

決めた予算のみを財布に入れて行く

→袋分けで簡単家計管理!我が家のやり方もご紹介!

予算の袋分けなどでその日の買い物で使う予算を事前に決めておきます。

そして、その決めた予算分のみを財布に入れて買い物に行くようにしましょう。

 

スーパーの買い物で一番気を付けたいことはムダな買い物をしてしまうことです。

安かったから、おいしそうだったから、

買うつもりはなかったものでも、ついつい買い物かごに入れてしまいがちです。

 

でも、財布に必要なものを買うお金しか入っていなければ、

そもそもムダなものを買うお金がありません(´・ω・`)オカネナイ

 

買い物の最中でも、ある程度の計算をしながら買わざる負えなくなります。

金額オーバーするとレジでちょっと恥ずかしい思いをすることになりますからね…。

冷蔵庫をチェックしておく

事前に家の冷蔵庫の中の状況を見ておきましょう。

まだあるもの、必要なものをチェックしておくことでムダなものを買わずに、食材をムダにすることがなくなりますよ。

特にたまごや牛乳など、消費期限があまり長くないものを買いすぎるとムダになりがちです。

そんなときに限って、安売りをしてたりして買いすぎたり…(;・∀・)

空腹時には買い物に行かない

おなかが空いている状態だと、見るもの見るものがおいしそうに見えますよね。

これも欲しい、あれも欲しい、もう全部欲しい、

あーもう、本能の思うがままに、次々商品をかごに放り込んでしまう!

スーパーあるあるの最たるものではないでしょうか(笑)

空腹のときはバナナの一本でもおなかに入れておくことで、気持ちにゆとりが出ます。

アプリで特売情報をチェックしておく

→スーパー掲載数No.1!トクバイアプリの口コミや登録方法など

新聞を取っていない方はスーパーのチラシを見る機会ってあまりないですよね。

 

お店のホームページやトクバイなどのチラシアプリを使って、特売情報をチェックしてみましょう。

普段はあまり行かないスーパーなどの情報もチェックできるので、意外な掘り出し物に出会えるかもしれません☆

かならずマイバックを持参する

レジ袋が有料のスーパーって最近多くなりましたね。

それに伴って、マイバックを活用される方も増えてきました。

 

レジ袋は3~5円でもらうことができますが、回数が増えると意外とバカになりません。

エコにもなるし、ムダな出費を減らすことができるのでマイバックを活用しましょう!

 

小さく折りたためばかさばらずにバックに入れておけますし、最近はかわいらしいものも増えています。

割引商品のサイクルを知っておく

冷凍食品の半額日、お肉の特売日など、

スーパーによっては決まった曜日や日にちに定期的に安くなることがあります。

 

そういったスーパーごとの安売り日をチェックしておくことで、狙った商品を安く買うことができます。

必要ない物は安くても買わないこと

スーパーでの一番気を付けたいのがこちらです。

必要な物だけを買う!ムダなものは買わない!

 

安くなっていると、ついつい手を伸ばしてしまうことありますよね。

でもって、たくさん買ったはいいものの、けっきょくは使い切れずにムダに…

 

『2パック500円(1パック300円)』

 

こんな表記がある場合、

「あ、2パック買えば1パック250円だから安いじゃん!買っちゃお!」

 

これ、ついついやってしまいがちですよね。

もし、1パックしか使わずに、1パック分をムダにしてしまったら…

 

1パックを500円で買ったと同じこと。

最初から1パック300円で買っておけばムダな出費をせずに済んだ結果に…

 

いくら安くても、それが本当に必要なのかを考えて買うようにしましょう。

まとめ

食費の節約はとにかくムダを省くことにあります。

だからといって、食事はもやしのみ!など栄養バランスを欠いた節約は×ですよ。

もし栄養が偏りすぎて病気にでもなったら、余計に出費が増えるだけです。

 

毎日の健康の基本は栄養のある食事から。

そのうえで、必要なものを考えながらスーパーを活用するようにしましょう!

 

以上、「レッツ食費節約!スーパーの買い物で食費を節約するための6つのコツとは」でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です