変動費の節約

光熱費節約!暖房効率をアップするのための8つの方法!

LINEで送る
Pocket

最近めっきり寒くなりましたね。

寒いのが苦手なので冬はつらいです。

朝の布団から出たくない…もう布団の中で暮らしたい…もしくはこたつ…

 

暖房器具の設定温度を上げてもなかなか部屋が暖まらない。

せっかくの暖かい空気を無駄にしないために、暖房効率を上げる方法をご紹介します。

 

暖房効率が上がれば設定温度も低くすることができ、光熱費の節約になりますよ。

暖房効率を上げる方法

1.厚手・長めのカーテンをつける

外気温がかなり低くなるため、窓付近ではせっかくの暖かい空気が冷やされてしまいます。

厚手のカーテンを使うことで、窓付近での熱の流出を抑えることができます。

 

短いカーテンだと、冷気は下に移動するので、結局は冷気の侵入を許してしまいます。

窓枠よりも10センチ以上長い、できれば床までの長さのあるカーテンを使用するようにしましょう。

2.部屋の隙間をうめる

普段は意外と気が付かないんですけど、けっこう部屋のすきまってあるんですよね。

ドアやふすまなどにすき間があると暖気が逃げ、冷気が入ってきて暖房効率が下がります。

 

すきま用のテープですきまをピッチリ埋めて、暖気の逃げ道をなくしてしまいましょう。

最近は100均にも置いてありますよ☆

3.サーキュレーターで空気を循環させる

なかなか部屋が暖まらない時、手を上に伸ばしてみると暖かさを感じると思います。

冷たい空気は下へ、暖かい空気は上に集まるためです。

部屋の上部を温めたところで、何の役にも立ちませんね…

 

扇風機を天井に向けて回したり、エアコンの送風向きを変えることで空気を循環させることができます。

せっかくの暖かい空気を無駄にしないように、部屋全体の空気をかき回してください。

4.窓に断熱シートをつける

アルミやプチプチなどの断熱シートを窓に張り付けると冷気を防ぐことができます。

5.暖房器具を窓際に移動する

窓から離れたところに置くより、窓際に設置したほうが暖房効率は上がります。

ただし、カーテンなどに近すぎると火事等の原因にもなるので注意してください。

6.湿度を上げる

湿度が低いと、同じ温度でも寒さを感じます。

加湿器がない場合は、濡れタオルを干す、水をためたコップを置くなどの対策をしましょう。

 

湿度を上げれば風邪やインフルエンザの予防にもなりますし、お肌の乾燥も防ぐことができるので、まさに一石三鳥です!

7.アルミシートを敷く

フローリングの場合、足元からじわじわと冷たさを感じることってありますよね。

カーペットの下などにアルミシートを敷くことで、断熱効果が期待できます。

8.フィルターをこまめに掃除する

エアコンやファンヒーターのフィルターはこまめの掃除をしましょう。

フィルターが汚れていると電力が増加し、暖房効率も悪くなってしまいます。

2週間程度を目安に掃除をするようにしましょう。

 

まとめ

寒い冬でも効率よく部屋を暖めるための方法をご紹介しました。

ちょっとしたことで部屋の暖まり方が変わり、光熱費の節約につながります(*’ω’*)

暖房効率をしっかり上げて、貴重な暖かい空気を逃がさないようにしましょう!

関連記事